ENJOYNS

講師紹介

腰塚勇人

<講演テーマ>
【心に響く講演】命の授業
今の幸せに気づくことから夢は広がる
<プロフィール>

1965年、神奈川県生まれ。元・中学校体育教師。元・養護学校教師。大学卒業後「天職」と思えた中学校の体育教師になる。学級担任、バスケット部顧問として「熱血指導」の日々を送る。
2002年3月1日、人生を大きく変える事が起こる。スキーでの転倒で「首の骨」を折り、奇跡的に命は取り止めたものの、首から下がまったく動かなくなる。当時、医師からは「一生、寝たきりか、よくて車イス」の宣言を受け、あまりの絶望に「自殺未遂」をする。その後、妻、両親、主治医、看護師、生徒たち、職場の同僚などの応援と励ましを受け、「自分の命があらゆるものに助けられ、生かされていること」に気づき、「笑顔」と「感動」と「周りの人々の幸せを願う」ことにより、奇跡的な回復力を発揮する。
そして、「下半身と右半身の麻痺」など、身体に障害を残しながらも、4ヵ月で現場に復帰し、中学3年生の担任を務める。主治医からは「首の骨を折って、ここまで回復した人は、治療した中では、腰塚さんだけだ」と言われるほどの「奇跡の復活」を遂げる。
現在「命の授業」の講演家として、自らの経験を元に、「命の尊さ」「生きていることの素晴らしさ」「ドリー夢メーカーの大切さ」「命の喜ぶ生き方」を、全国の小学生、中学生、高校、そして一般の方々に伝える活動をしている、全国から数多くの「講演」依頼があり、講演会の参加者は、開始からわずか2年で10万人以上にのぼる。

<講演実績>

おかげさまで、活動開始以来3年半で全国47都道府県すべてをまわり、講演回数は1000回を超え、参加者は30万人以上にのぼる。
一般企業、団体、公的機関、小学校、中学校、高等学校、専門学校、教育委員会、PTA関係、病院、看護関係、人権福祉関係、青年会議所、生命保険関係など多数

<聴講者の声>

「たすけて」って言っていいんだな。1人で生きてるつもりでも、周りにはたくさんの人がいたんだなって事を気付かされました。
まるで自分の事を言われているように思い、泣きながら講演を聞かせて頂きました。(長野県 高校生)

株式会社ENJOYNS 川崎氏の推薦文

腰塚先生の講演会は実体験を元にお話ししていただいております。
初めて講演会を聴講させていただいたのは中学校でした。首の骨が折れて首から下が全く動かなくなり人生のどん底に いて、そこから沢山の支えの中、復活することができ、命の大切さを伝えている姿に聴講者はもちろん川崎雄司も涙か止 まりませんでした。
腰塚先生は始めにこんなことを言っていました。「僕はスキーが誰よりもうまく1級を持っているのでスキーの自信があっ た、それは自信という名の過信でした。」この言葉がとても印象的で心に残っています。
それと、日常で食事をしたり、仕事をしたり、家族と一緒にすごしたりと、普段何気なく過ごしている中での「当たり前」 がとても大切で尊いものだということを改めて気づかせていただける講演会でした。
講師準備物

Contact Us

ENJOYNSへのお問い合せはこちらからお願い致します。