ENJOYNS

講師紹介

大谷將夫

タカラ物流システム株式会社 代表取締役会長・タカラ長運株式会社 代表取締役会長

<講演テーマ>
【経営改革講演】明るく、元気に、前向きにいまやる頭を使ってやる、必ずやる
<その他の講演テーマ>
<プロフィール>

 1940年  京都府生まれ
 1959年  宝酒造株式会社入社
 1990年  食品営業部長
 1997年  理事営業部長(調味料事業担当)
 2000年  タカラ物流システム株式会社 初代社長
 2006年  長崎運送 (現タカラ長運 )株式会社社長 

経歴
■2006年8月にM&Aで10年間赤字が続き倒産寸前の長崎運送(株)をタカラ物流システムに入れ、社長として「単身で現地に乗り込み、社員と生活を共にする環境で陣頭指揮を執り」再建に取り組み、僅か8ヶ月で、売上52億円・利益1億円と黒字化し、注目されている。
■2000年4月に合併により設立されたタカラ物流システム(株)の初代社長に就任。以降9期連続増益を達成している。
■宝酒造の1967年のビール事業の撤退に伴い、会社再建プロジェクトを進めた若手の一人で、当時の三重点商品(焼酎、松竹梅、味醂)の一つ味醂部門の責任者として、マーケティング(新製品開発、宣伝政策、販売促進)を推進し、今日の「タカラみりん」の基礎を創りあげた。その他、調味料の武田薬品との提携等宝酒造の脱酒類事業の全てを手掛けた。
■1988年から新規事業としてスタートした飲料事業を、ゼロから年商350億円規模に拡大させた必殺仕掛人。なかでも、「すりおろしりんご」は一世を風靡したヒット商品(年間1200万ケース)となった。
■酒販店系から食品系スーパー、コンビニ等の宝酒造としては新しい流通政策、価格政策、販売政策等多様な仕事を知るオールラウンドプレーヤー。若い時に、労働組合活動を行い、中央執行役員を6期務めた等の経歴から、労務問題・賃金制度等のオーソリティーでもある。
<講演実績>

SCLリョービグループ 様、岡山県トラック協会 様、香川県トラック協会高松第2支部 様、キャノン販売 様、京都経営者協会様、京都産業大学様、熊本日日新聞経営ジャーナル様、クラウンプラザ神戸 様、十八銀行支店長会議 様、青年部合同研修会様、積水化学研究所様、卒啄同時大阪塾様、タナベ経営「タナベ西部トップ会」様、東京商工会議所江東支部 様、東和銀行 様、長崎商工会議所(遊味会)様、日本経営開発協会・関西経営管理協会 様、日本包装技術協会 様、物流ジャーナリスト倶楽部 様、船井総合研究所 様、三菱商事福岡支店 様、ロジスティクス研究会 様、その他多数

<聴講者の声>

●経営に必要な心構えを聞くことができた。

●経営は知恵と情熱。大谷会長のバイタリティーを見習いたい。

●知識より知恵。従業員とのコミュニケーションが大切。

●物流コスト低減策等を具体的に示して頂いた点。

●人材育成や自己改革や成功の法則を伺えて良かった。

●経営の指針となる目からウロコが落ちた様な明快な講演だった。改めて自分がやらないといけない事を見直 し、実践したいと思う。

●分かりやすく、熱意がひしひしと感じられた。

<主な著書>

儲かる会社に変える
貧乏人の発想
金持ちの行動
(実業之日本社、2009年6月発行)

株式会社ENJOYNS 川崎氏の推薦文

大谷先生の講演会を初めて聴講させていただいたのは、京都でいろいろな経営者の方が40名ほどの講習会でした。大谷先生の言葉で「情熱に勝る能力なし」の言葉が印象的で、講演会も自分自身が考えさせられ、心に響くパワフルな講演でした。さらに大谷先生自身が経験に基づいての経営を教えて頂き、その中で合理主義(業務改革)と人間主義(人は財産、意識改革、モチベーション)の両論についても詳しく教えて頂きました。これからの自分自身の考え方、またこれからの時代背景を観てどういった行動をとるのかを勉強させて頂きました。
講師準備物

Contact Us

ENJOYNSへのお問い合せはこちらからお願い致します。